クレジットカードは、提示するだけで現金の持ち合わせがなくても支払いをすることができて便利です。カード会社によってはポイントやマイルなどが貯まるようになっていますので、率先してクレジットカードによる支払いをしている人も多いですが、支払いをするときには残高不足に注意しましょう。
クレジットカードというのは、利用者の支払い能力などによってあらかじめ利用限度額が定められています。そして、その範囲内であれば自由に買物やキャッシングが利用できるようになっていますが、あまり短期間に集中して買物や借り入れをしていると、残高不足になってしまうこともあります。クレジットカードの場合、引き落としがあるまでは前回の引き落としからその日までの間に利用した総額になります。借り入れも買物も全て含みますので、場合によっては既に限度額いっぱいまで利用しているケースも珍しくありません。このような場合には、一時的に増枠の申し込みをして審査を受けるか、毎月の引き落とし日以外に繰り上げ返済をすることにより、残高を増やすという方法があります。審査を受ける場合には、業者によってある程度時間がかかることがありますし、繰り上げ返済もいつの受付になるかによって、すぐには残高に反映されない可能性があります。あらかじめカード会社のデスクに問い合わせをして、どのタイミングで残高が増えるかということを確認してから手続きをとるようにしましょう。

電気やガス、水道に電話料金をどうやって払っていますか。毎月支払い続けるものですし、口座振替にしている人がとても多いのではないでしょうか。コンビニなどでも支払うことができます。でも、実は、これはとてももったいないことです。もっとお得に支払う方法があります。クレジットカードで払いましょう。公共料金の支払いもできますから、ぜひ、今度から支払い方法に選んでみてください。

クレジットカードで毎月公共料金を支払うようにすると、どんどん自動的にポイントがたまっていきます。買い物の支払いだけではなかなかポイントがたまらないと思っていませんか。いろいろな支払いでも利用してください。固定電話だけではなく、携帯電話料金の支払いにも使ってみましょう。毎月確実にポイントがたまるので、とても効率がいいです。

たまったポイントで商品券などに交換したり、電化製品に変えたりすることができます。最近のクレジットカードはたまったポイントの活用方法も豊富になっているので、どんどんポイントをためるようにしましょう。クレジットカードで支払えるものはなるべく支払うようにするだけで良いです。支払い方法の変更は、多少手間はあるものの、このちょっとの手間でポイントのたまり方が変わりますので、手間を惜しまないことが大事です。全然知らなかったという人も少なくありません。口座振替も便利ですが、便利な上にお得なクレジットカードで公共料金を支払って節約につなげてみませんか。

クレジットカードのなかには、キャッシング機能がついているものがあります。これは、クレジットカードの発行申し込みをするときに、借り入れもできる機能をつけるかどうかという項目にチェックすれば付けられる機能ですが、買物のみのカードと比べると審査は若干厳しくなる傾向にあります。クレジットカードについている借り入れの場合には、ショッピングと借り入れの利用限度枠は共有することになりますので、買い物が50万円、借入れが30万円の場合には、80万円を利用していると言うことになります。
クレジットカードのキャッシングを利用したときの返済方法は、基本的にはショッピングの場合と同じです。毎月の決められた引き落とし日に、借入残高に応じて定められた金額が、買物の金額と一緒に指定した預金口座から引き落とされますので、預金残高のチェックは必要になりますが、自分で振り込み手続きをしたり、金額を調べたりする必要はありません。返済方式は残高スライドリボルビング払いといって、借入残高によって段階的に支払い金額が決められており、それをきちんと返していれば、利用限度額の範囲内で自由に追加借り入れや繰上償還ができるようになっています。カード会社に連絡をすれば、毎月の引き落とし日でなくても指定した金額を速めに返すことができるようになっていますので、利息を減らしたいと言う人は、こういったサービスを利用して早めに返していくとよいでしょう。